スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年6月19日月曜日

「校正はある程度でいいんじゃない?」





文章を作る上で、
ある一定以上の取れ高を意識するのは言ったけど、
そもそも
校正もある程度手抜きを残しておくことも計算するべき。



まったく
計算してないことも、
プロの世界では成功につながる。




まったく記事をかけない人は、
記事を完璧にしようとするけど、
それは、
あえていえば、
「面白さはミスにある。」
っていう
テレビでもよくある裏常識的な意味があるのよ。




ミスや発言を噛むって、
テレビで見てても動画見てても面白いでしょ?
文章の世界でもそう。
ある意味噛んじゃうの文章で。
ある一定の文章で噛むってことも、また味がある面白さなのよブロガーも。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スボンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク