スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年6月20日火曜日

「えるもが思う、電子書籍の行方。」





今、
ひそかにえるもがおすすめしている業界があ
って、
それが、
「電子書籍業界」
なのよね。



これがなぜかっていうと、
利用ユーザーの方は低価格で本を購読でき、
持ち歩きも簡単というところ、
逆に、
電子書籍販売者ユーザー側は、
低価格で出版できること、
個人出版も可能であること、
そして、
個人出版の方にも利益が大きく配当されていること。



この条件において、
通常の出版業界からしても有意義な世界だと思うのよ。
というよりも、
この業界では、
個人も出版業界も、
メリットが大きくて新しい風だと思うのよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スボンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク